Go to oversea!!

*1

自分の才能を超えていけ!!

自分で自分を超えるために、とことん頑張る。息抜きも全て。

MENU

世界に希望の光を

人生初の北アルプスに挑戦 山をめぐると、自然のスケールに常に圧倒される。 これまで、地上で見てきた人工物の数々があまりにもしょぼく感じる。 人の手ではどうしても作れない景色の数々がそこにある。 それに触れたとき、この世に生まれたことをとてもあ…

自分という人間を信じられるか

どんな過去があっても、今を一生懸命生きれば、運命は変えられる。 過去をどれだけひきずっても、たらればをいくら考えても、現実は何も変わらない。 強いとか、弱いとか、そんな線に惑わされてはいけない。 過去を素晴らしいものに変える。 それは、誰にだ…

感情的にもなれやしない

時々、自分が感情的になれないことにイライラする。 夜になると、寝る前に頭の中でそういうことを思いだす。 なぜあの時怒れなかったのだろう。 なぜあんな風に言われても苦笑いで済ましたんだろう。 そして、そんな過去の自分を何年たっても忘れられず、イ…

出会いは決められているもの?

さっきの文章打って思い出したことがあるんですがね。 僕、旅をするときにいつも思うことがあるんです。 日本にしろ、外国にしろ、まあ、よほどの探検家じゃない限り、未踏の地はたくさんあると思うんですよ。 で、僕はそういう未開の地を無意味に歩くことが…

人は常に何かに怯えて生きるものなのか

僕は、職場では厄介者扱いされることが多い。 自分で言うのもこっぱずかしいが、反対に「カリスマ」と呼んでいただけることもある。 しかし、どちらにせよ、僕は他者の評価ってまともなものがないよなって思ってしまう。 周りの人にはあまり言ったことがない…

あこがれの鳥海山へ

子どもの頃から、青森の家に行くたびに見ていた東北の山々があります。 鳥海山・岩木山・岩手山・磐梯山・安達太良山… 今まで多くの山々を見てきたのですが、祖母の家は田舎でとても遠く、山に寄り道するようなことは一切ありませんでした。 30代を過ぎ、…

死ぬくらいに勝負したらいいじゃないか in ラオス

僕は教員なので、俗にいう安定した職業であります。 はい。確かに、給与面では安定しているでしょう。 基本的にどんだけ仕事がうまくいっていなくても、やめる人はいません。 いや、いないというより、辞められないんですよね。 安定を手放すということはと…

心と共に生きているか

人といると、急に寂しさを感じる。 かと言って、一人になっても急に寂しさを感じる。 なぜだろう。 今、猛烈に寂しい。 僕は正直言って、自己表現が下手。 ブログでアクセスが増えるとうれしい。 寂しさがちょっと解消される。 でもね、そういう気持ちで作る…

<ドタバタラオス旅行記③>ランニングメインの適当観光

ランニング。 朝、スコールも止むので気持ちよく走れます。 凱旋門。遠くから見えると西洋物に見える。 大量にうんこが落ちているので、足元ばかりを見てしまう… 犬なのか、人なのか…(笑) 近づけば、これが東洋の建築物だとわかる。 内装がとてもキレイです…

<ドタバタラオス旅行記③ 僕は日本人に生まれただけ>

昨日の深夜、ようやくラオスに到着しました。 空港で会った日本人の方とタクシーをシェアして、なんとかホテルに到着。 タクシーの運転手は、最初シェアでいいと言ったくせに、なんと私を降ろすときには「金を払え!」と言う。しかも、5万キープ。(1万キ…

<ドタバタラオス旅行記②>ラオスへの出発前 帰りが不安で仕方ない

昨日は意外と良く眠れた。 この日に備えて、家でも寝袋やスリーピングマットで寝る練習を幾度も行ってきたからね。そういうところは、抜け目なく準備してきてよかった!! ところで、昨日乗れなかった往復の 「往」はダメだったけど 「復」は使える、よ、ね…

<ドタバタラオス旅行記①>運命は初めからすべてが決まっている…

時に神は無残な宿命を与えてくる。 しかし、その無残な宿命は、初めから決まっているものだとすれば、そこに意味が発生する。その試練には意味がある。自分が生きとし、生きる意味がそこにはある。 昨日、研修後ぶっ飛ばして小松空港へ向かった。 平日の夜な…

やる気とはなんなのか

やる気が出ないからやめる やる気があるから頑張れる やる気が出るまで待つ やる気がないなら帰れ やる気って、日本人的には結構重要なものらしい 初めてやる気という言葉が出てきたのはいつごろなんだろう とにかく、我々はやる気と言うものに人生をかなり…

アブに襲われすぎて、山中温泉周辺を3時間RUN

先月トレイルランで40kmに初挑戦した。完走できたものの、最後はバテバテ。二度と挑戦するか!!と、いつも心の中で思うのですが、やはり走り終えるとまた参加したくなる。 なぜか走ることってやめられない。登山も一緒。やっているときの「無」の感じが…

8泊9日 ラオス遠征に持っていくものはこれだ

来週、いよいよラオス遠征に行きます。 正直、予定は何も考えておりません。 行けば何かあるだろう。 なくてもそれはそれだろう。 気楽に行こう、な旅行。 さて、気楽にいく旅行ですから、当然フットワークは軽い方が良い。 荷物は、今回もいつも通り機内持…

人生初の百名山<白山>へ

地元でありながら、これまで子どもたちとの合宿で手前までしか言っていなかった白山。 この夏休みを利用して、チャレンジしてきました。 最近、登山道具も結構そろってきて、このように、ちょっとした小さいお店みたいになってきました。 ミニマリストの部屋…

100均自作・esbitポケットストーブ用風防

どうも。 今日は、最近愛用しているポケットストーブについて。 このesbit(エスビット)のポケットストーブは、登山者やキャンパーの愛用品らしく、かなり売れている商品のようです。 個人的には値段も安く、風よけをしてくれそうなデザインだから買ってみ…

大事なことはなに?

クラス会議で決まった 、掃除のときのルール。「椅子や机をちゃんとあげてなければ宿題二倍」いかにも、こどもが考えそうなこと(笑) まあしかし、こういう懲罰型のルールはやはり定着しない。ネガティブな感情って、即効性しか生まない。持久力はない。でも…

降りてくるのである

この間、山で豪雨になり、道がわからなくなった。ずっと歩いていると、林業の方が使われているような道に、何度か合流した。ときどきあったピンクの印もやがてなくなり、最後は獣道と、なだらかな崖との連続になった。 その後は道が全くなくなり、杉の木を伝…

向上心のかけらもないことをそのまま書いてみる。

どうも。 梅雨入りして、せっかくの土日もインドアな日が多くなってきました。 最近の楽しみは成長する幼虫君たちを眺めること。 こうなると、スマホばっかり触ってしまうのが僕の良くないところです。 SNSや情報社会とは、うまく自分で距離をとらないと泥沼…

学級経営で泥臭いことをする

どうも。 学級経営の、自分なりのコツをメモしておきます。 最近、若い先生に好く聞かれるので。 自分が好きでできる泥臭いことを一生懸命やること。 例えば、僕は一人一人に手紙を送っています。 学級経営のコツなんてほとんどない。ただ泥臭いことをやって…

自分の希少価値

よく、自分にしかない価値を探せ!と言いますね。 まあ、最近モヤモヤが半端ないんですよ。 で、よく考えたらツイッターばっかりで、ゆっくりブログに向き合ってなかったんですよね。そろそろ、ゆっくり自分に向き合おうと思います。 さて、僕の価値を考える…

新しい教育にチャレンジ

明日から、新しい教育にチャレンジしようと思っています。 その名も 「自分を見つめる時間」 最近、授業でいかに「しゃべらせるか」ということを考えていました。 しかし、正直言って、なかなか自分の実力では教科の内容の中で、子どもたちを満足に話させる…

春の遠足が終わりました

今年の遠足は学年での遠足でした。 本校では、初めて3・6年の合同遠足。 総合化での目的が、共に地域がらみだったので、地域の散策を一緒にしました。 6年生は3年生を案内しながら、町の散策と、思いやる心やリーダーシップの育成を図ります。 しかし、…

スマホを離せない子どもたち

みんなで遊ぼう!! 話することなんてないから、とりまスマホいじるぜ。 あいつリア充~ 俺、マジせつね~ あんな顔が良かった… あんな性格が良かった… 勉強ができれば… スポーツができれば… とりあえず、写真とらん?? 目でか!! 顔の色合い濃い~ でも、…

学校の先生が向いていないのではないかと思っている悩める先生方へ

あなたのクラス くちゃくちゃですか? 人間関係、ひどい状況ですか? 辛いですか。 苦しいですか。 僕も何度も泣き、吐きそうになり、学校に行くのが嫌になる そんな経験を何度もしました。 まず「あなたのクラス」について あなたの目の前にいる子どもたち…

ゆるやかにいこう

毎日毎日、成長してほしいなあって思う。すると、言いたいことが多くなる。一日一日が、ものすごく濃くなる。密度が濃くなる。僕が疲れていると言うことは、子どもたちも疲れている。だろう、、、明日、子どもたちがこうできたらいいのに!って、ゴールを設…

カリスマ性ってなんだ?

カリスマ性の定義なんてない。天才も、凡人も、変人もない。人が人の能力をそうやって、誰かが作った境界線をもとに区切り始めたのはいつからなんだろう。とにかく、自分や人をそんな見えない線で区切るのは言い訳だと思う。みんな、素のまんまで良いのであ…

自由に意見を言える場こそ、自由であることの幸せを感じられる最高の場である

黄金の一週間と呼ばれるものが終わりました。 昔は、本を見ながら「あれをしよう」「これをしよう」と考えたものです。 初日の算数は、ちょっとネタ的なことをやって、なんとなく満足して終わっていました。 しかし、数年前、クラスが成り立つかどうかの瀬戸…

学級開きで何を話すか

明日は学級開き。 初日に何を話すか?? みなさんは、決めていますか?? 職場の先輩や、校内研修、悉皆研修、セミナーなどでよく聞くのは、昔からどの本にも書いてあるような大先輩の先生方の実践である。 例えば「怒る基準」を話す、とか、ね。 あくまでも…