Go to oversea!!

*1

Go overseas!!

来年度、海外で仕事することを目標に、日々の取り組みを記録します 。

MENU

まずは同僚をアクティブにしよう②

続きです。
前回の分はこちらからお願いします。

kesuyogunbi.hatenablog.com


僕が同僚に動いてもらうためにしたことは、とても簡単なことでした。
そして、現在では周りの空気が一気に変わっています。
みんなが真剣に運動会について考え、協議するようになったのです。

僕がしたこととは!?

それは!?

助けてー!!



と叫んだ


だけです。


はい。


んまあ、本当にそれだけです。(もったいぶったくせに、大したことはない笑)


今回(毎年なんですが)、ダンス指導をしているときに、どうしてもうまくいかないなーと思う点がありました。
はじめは、自分なりに考えていたのですが、考えはじめるとネガティブな思考になってしまう自分がいました。
今までの自分なら、きっとそのまま自分で考えて、考えて、なんとか自分の力で終わらせたことでしょう。

だがしかし!!
今回は

「ここはみんなにも責任をもって考えてもらわねば困る!」
と思考するに至りました。

というのも、近年「組体操なんてやめちまえ!」というのが世論なわけです。
しかし、これまで多くの小学校では

「6年」「高学年」=「組体操」=「感動」
というのが当たり前。
でも、いずれ誰かがこの歴史を崩さねばならないのです。
日本人は、ほとんどが保守的。
リスクを背負わず何も変えようとしない(というか、そこまで考えていない)人がほとんどです。

特に、我々日本海側の学校は、歴史や文化を究極に重んじます。新しいことをやろうものなら、地域の前に同僚から非難轟轟。
でも、私は今回、組体操をやめ、新しい歴史を作ることにしよう、と決意しました。(誰かほめてくださいw)

組体操以外でも、子どもたちの輝き、感動は表現できるんだぜ!!と。

しかし、自分一人では限界があります。

ダンスや、表現運動を元来してきた人間ではありませんし。

そこで

「先生方すいません。ここ、なんかモヤモヤしてるんですけど、一緒に考えてくれまへんか?」

と懇願したわけです。

すると、僕におんぶにだっこだった(自分で言えるほどの笑)ダンスについて、みんなで真剣に考えてくれたのです。
あーでもない、こーでもない、、、と。
ブログの記事だけでは伝わらないかもしれませんが、正直いうと、上手くいかなくてかなり悩んでいました。
だから、みんなが動いてくれた時は本当に、ありがたかったです。

しかも、思っている以上にみんな

「めっちゃうまくいってるよ!」
「こんな発想、君にしかできないよ!」
「こっちの世界に転職すれば?」

と、めっちゃくちゃほめてくれました!!(これはかなり感動!!)

それから、練習後は毎回集まるようになり、放課後の職員室でも、遅くまでみんなで踊ったりもしました。
気付けば、担任じゃない先生方も参加してくれるように!!

日が経つにつれ、中身はどんどんクリエイティブになりました。

f:id:kesuyogunbi:20180907213706j:plain
雑な写真ですいません…

今ではみんなが口を揃えて


「めっちゃよくなった!」
「進化したね!」
「高学年完璧やん!」


と叫びまくっております。

僕一人では考えもつかなかった動きや、展開になり
みんなの力はでかいなーと思う反面

「弱い自分」
を出すことも必要なんだなあと、改めて実感。
これは、この前海外に出て

日本人の団結力って、実はめっちゃすごいやん!!

と、改めて気づけたからかもしれません。
そして、海外に出て、自分の無力さに真摯に向き合えたからかもしれません。
※海外の話はこちら
kesuyogunbi.hatenablog.com
kesuyogunbi.hatenablog.com



運動会まであと一週間。

動きはもう90点。

みんなの力を借りれば、まだまだ、よくできるでしょう。
そして、日本人に根付く勤勉さが、子どもたちをより進化させるのでしょう。

強がりな自分より、今の自分の方がよほど好きかもしれません(笑)

少し大人になってきたかな…


それでは、また。


こう、ご期待!!