Go to oversea!!

*1

自分の才能を超えていけ!!

自分で自分を超えるために、とことん頑張る。息抜きも全て。

MENU

2018年。半年の断捨離の結果を考察してみる。

どうも。

 

今日は、2018年に行った、自分史上、最も激しく行った断捨離の話です。

 

 

今後の自分のため、ミニマリストを目指す方のためにも、少しでも役立てるようにと思い拙い実践をまとめてみました。

 

 

1.断捨離のきっかけ 

 夏に、10日間の海外研修がありました。

僕にとって、海外でのここまでの長期滞在は人生で初めてです。

そこで、下記のサイトを参考にして、荷物をパッキングしていました。

www.gotravelife.com

 

「え~っと、これはいる。これはいらない。これは、いらない。これも…いらない。いらない。いらない。重くなる。いらない…」

 

 

そのとき、自分の所有しているほとんどのものが生きていくうえでいらないもんばっかじゃん!と気づいてしまったのです。

 

 

それから半年。

定期的に4回ほど断捨離を行いました。

そして、いろいろなものと決別するに至ったのです。

 

つまり、海外旅行が僕の思考を大きく変えたのでした…

 

2.断捨離をして良かったこと

まず、断捨離をする際に、いくつかの本を読参考にしました。

特におすすめできるのはこちらの本です。

人生を思い通りに操る 片づけの心理法則

人生を思い通りに操る 片づけの心理法則

 

片づけをすることや、ミニマリストとして少ないもので生きていくことには、多くのメリットがあります。上記の本にたくさん書いてあるので、詳しくはそちらを見てください!

 

ただ、特に僕が感じた一番のメリットは

何事にも集中できるようになった!

いうことですね。

 

モノがないことで「触りたい」「見たい」「聞きたい」「読みたい」などというノイズが発生しにくくなりました。そのため、今もめちゃくちゃ集中してブログを書いています。音楽も一曲一曲、丁寧に聴くようになり、感性も豊かになったと思います。

 

昔は「~ながら」ばっかりで、全然集中していませんでした。

 

ところが、今ではひとつのことに集中し、なんでもしっかり自分の頭で考え、判断できるようになりました。ミニマリストになり、モノを捨てることができるようになると、今度は判断力が研ぎ澄まされ、「大事なことはなにか」も、シンプルに、かつ的確に考えられるようになりました。

 

ここで、具体的にどのようにしてモノを減らしていったのかを紹介します。

 

3.大きなものからジャンジャン売り飛ばす 

 

僕は、旅行のパッキングの際、いらないものがたくさん見えるようになりました。

 

海外で1週間生活できる荷物が40Lのリュックに入りました。

 

ということは、リュックに入らなかったものは

なくても死なない!!

極論ですが、自然とそう思えました。

 

そして、リュックに入らなくて、毎日使わないもの…

まず僕にとってはそれは「テレビ」でした。

僕はプロ野球を見るのが好きですが、いざとなったらネットでも見れるし、無駄にテレビつけて時間を過ごすこともなくなるだろうし。

 

思い切って捨ててしまえ!!

 

ということで、7年くらい使っていたテレビを捨てたら、もう全てがどうでも良くなって、いろいろなものを平気で捨てられるようになりました。

 

よく考えたら、テレビって、学生時代からずっと持っていたし、ある意味必需品だと思っていましたもん。そんなテレビを手放せた瞬間「俺ってすごいかも!」という謎の勘違いパワーで、どんどん勢いがついたのだと思います。

 

これは、半年前の部屋です。

f:id:kesuyogunbi:20181213211335p:plain

半年前の部屋。テレビや筋トレ器具がありました

f:id:kesuyogunbi:20181213211425p:plain

本棚に大量の本を入れ、パーテーション代わりにし、部屋を区切っていました。

捨てたのは、以下のものです。

  • テレビ
  • ブルーレイレコーダー
  • ホームシアターセット
  • 筋トレグッズ
  • 全CD
  • 全DVD
  • 全ブルーレイ
  • 99%の本
  • 無駄にたくさんあったぬいぐるみ
  • 雑誌
  • ほぼ全部のスポーツウエア
  • 全ダウンジャケット
  • 使っていない帽子
  • よれよれのリュック
  • 過去の彼女たちの遺産w
  • 迷える服たち
  • パジャマ
  • いまいちなスーツ
  • 部屋中に張ったボロボロのポスター
  • 家にもともとあった本棚以外の家具(タンス、収納)
  • 机の中に入っていた思い出系のもの(写メって捨てました)
  • めっちゃあったいろいろコード、ケーブル
  • 有線LAN(無線でイケる!と判断)
  • 筆箱・ペン

他にもいろいろ捨てました。

とにかく、あらゆるものを捨てました。

 

捨てすぎて、HDMIケーブルまで間違えて捨てました。

でも、意外と今でもほとんど使わずにここまで来ているので、良かったでしょう!

 

そういうわけで、今の部屋はこのような感じです。

f:id:kesuyogunbi:20181213211719j:plain

布団。学習机。本棚(下部はクローゼット)。3つのみになりました。

f:id:kesuyogunbi:20181213213022p:plain

一年前の机上は、モノに溢れていました。真横には本棚と服かけが置いてあり、何をやっても、集中力が途切れまくっていました。

f:id:kesuyogunbi:20181213212822j:plain

机上もスッキリ!ノイズがなくなりました。

でかいものから捨てることで、環境が大きく変わります。

そうなると、勢いがついて、細かいものも迷うことなく捨てられるようになります。

僕のオススメは、この「大きなものから捨てる」という断捨離です。

 

4.本をKindle

本の断捨離は、結構困ったのですが、まあ、結局置いてあっても読まない!って感じだったので、これまた思い切って捨てましたw

 

でも、何冊かは残しました。

残したものはこれまでに、何度も救われた本や、自分がバイブルにしてきたもの。

 

ここにある以外にも、兄弟に貸している本もありますが、それでも全部で20冊くらいだと思います。断捨離後からは、全部Kindleに移行し、現在は携帯で読書を行っています。はじめは違和感だらけでしたが、今はKindleのほうが読みやすいと感じるくらいになりました。

f:id:kesuyogunbi:20181213221755j:plain

本はこれだけ。あとは全部Kindleに変えました。

5.劣化版を進化させる

f:id:kesuyogunbi:20181213233215j:plain

NECの軽量型PC。金色で、百式みたいでカッコいい~

ちなみに、様々なものを捨てる中で、買い替えたものもたくさんありました。

  • ノートパソコン⇒LAVIE hybrid zero
NEC PC-HZ750GAG LAVIE Hybrid ZERO

NEC PC-HZ750GAG LAVIE Hybrid ZERO

 

kesuyogunbi.hatenablog.com

  • ジャージ⇒サウナスーツ
  • リュック⇒グレゴリーMiwok18

kesuyogunbi.hatenablog.com

 

MG 1/100 百式Ver2.0 (機動戦士Zガンダム)

MG 1/100 百式Ver2.0 (機動戦士Zガンダム)

 

  

これらに更新することで、機能性が高まり、これまで必要だった周りのものも、いろいろと捨てることができました。つまり、よりコンパクトにできたということです。

6.服

服が一番変動が大きかったかもしれません。

というより、今でも試行錯誤を繰り返しています。

ここだけは、なかなかうまくいかないのが本音です。

 

上は1か月前の写真で、下は3日前の写真です。

f:id:kesuyogunbi:20181021165507j:plain

f:id:kesuyogunbi:20181212223559j:plain

一か月前は私服が11着ほどありましたが、ここ数日で半分まで減りました。もちろん、この先の増減もあるでしょう。

服に関しては、失敗3回につき、成功1回を繰り返し。

増えては減りを繰り返し、気付けば、ここまで厳選されました。

 

ミニマリストに目覚めてから、着こなししにくい服や、流行りが終わったような服は、全て捨てました。雪国のクセに、ダウンジャケットもすべて捨てましたw

 

でも、それだけ、これまで服は適当にしてきたし「心の底からお気に入り!」と思えるものはなかったのだと思います。

 

今ではなんと、私服は6着。

いいのか、悪いのか。

 

基本的にファッションに関しては、まだまだ自信がありません。

今までマネキン買いや、本の通りに買ってきたりしてきたので「学習していない」のが原因。ただ、ミニマリストの方々のモノを参考にしていく中で、アウトドアな服に目覚め、機能性の高いものをそろえるようになってきました。

 

それでも、最近もたくさんの失敗をしたので、最近買って、すぐ捨てたものについて以下にまとめました。 

  • UNIQLO ヒートテック×3(わき汗大量の自分には不向き。汗冷えやばい。)
  • UNIQLO EZYデニム(しばらくはいていたら野暮ったく感じてきた。)
  • UNIQLO スエットパーカー(パンツも。なんかダサかった。)
  • UNIQLO スキニージーンズ(ベルトが嫌になった)
  • UNIQLO ヒートテック手袋(でかくて、操作性が思った以上に悪かった)
  • 無印 オーガニックコットンシャツ(わき汗でびちゃびちゃになって乾かない)

 

ユニ率高いっすw

まあ、MBさんのUNIQLOお勧め商品を、性懲りもなく買ってきただけですから。

これが、オイラのダメなところなわけですね。

 

しかし!!

今残っているのは、自分なりに考えて買った、お気に入りの服!!

なので、こちらも紹介します!!

  • ファインテック ドライレイヤー(わき汗対策)
  • 白Tシャツ(ユニ1、TNF1)
  • TNFフードパーカー
  • TNFライトヒートジャケット
  • TNFクライムベリージャケット
  • マムート ソフトテックパンツ

f:id:kesuyogunbi:20181212225116j:plain

f:id:kesuyogunbi:20181212225218j:plain

f:id:kesuyogunbi:20181212225310j:plain

最近買い足したもの。どれも見た目も良く、シルエットも良い。撥水や保温、速乾性などの機能性も高く、軽量です。

です。

さすがに、6着では生きていけないような気がするので、今後「これだ!」と思ったものは、どんどん買い足し予定。 

 

今年の冬はダウンなしでも行けそうですが、やっぱり雪国なので、いつかキーンと寒くなっりそうで不安。モノが少なけりゃいいってもんでもないので、その辺をしっかり考えて買い物をしようと思います。

kesuyogunbi.hatenablog.com

7.断捨離の結果と今後へ向けて

 基本的に、モノは毎日のように減らしています。

最近は、カメラのバッグも捨てました。

今、捨てようかと悩んでいるものはこちらです。

 

  • カメラの望遠レンズ(正直使ってない。セットでついてきたものだが、カメラ初心者なので判断しにくい。一応残しているという状況。)
  • UNIQLO 感動パンツ(2本あるが、一本で生きていけそうだから)
  • UNIQLO エアリズムのシャツ×3(汗冷えやばい。かえたい。ガチで。)
  • 折り畳みリュック(いつか使うと思って残しているが結局全く使っていない。)
  • 机の前にあるコルクボード(たいして使っていない。)

 

まあ、悩んでいる時点で、いらないと判断していいような気はしますけどね。

テレビは本当に捨てて正解でした。

あれから僕の人生が変わったと思うと、感慨深いです。

 

しかしな~

こうやってゆっくり考えると、UNIQLOの捨て率が半端なく高い!!

現時点でUNIQLOの生き残り商品は

  • 靴下(分厚くてタフネス。これはマジでいい。)
  • エアリズムボクサー(軽くて最高。今のところこれで十分。)
  • ドライEX Tシャツ(UNIQLOやしって思うと気楽に着れるし、結構ドレスライクな感じの質感が好き。ただ首元がヨレヨレに。)
  • フルジップパーカー(寒いので、ジャージの上に羽織って寝てます)

これだけっすね。

 

今後は本当にねらい目の商品以外は、UNIQLO様に行かない!というルールにした方がよさそうです。というか、します!!大好きだったドライスエットパンツもヨレヨレになって、シルエットがださくなって捨てました。

f:id:kesuyogunbi:20181213232513j:plain

このボトムスがお気に入りだったUNIQLO様のスエット。彼に変わる良いものを探して、今後も物欲は止まらない…

もう30代も半ばに入ろうとしています。

そろそろ、服も真剣に考えねばならぬということですね。

 

ちなみに今ほしいな~と思っているのはこちら。

何も考えず、頭に浮かんだものをどんどん書きます!!

  • ダウンジャケット(やっぱりほし~w)
  • ジーパンかチノパンか、トレッキングパンツ
  • 手袋
  • フリースかセーター
  • めっちゃいい白シャツ
  • ドライレイヤー
  • ベースレイヤー(とにかく、脇が汗冷えせんやつ)
  • ネックウォーマー(かさばらないもの)
  • パンケーキレンズ
  • 新しい携帯(壊れすぎてヤバい)

 

今、パッと浮かんだのはこのくらいです。

必要なモノ、必要じゃないモノありますが、まあまた考えていけばよいでしょう。

 

こうやって、きじにまとめるだけで、なんだか気分が落ち着いてきました。

 

これから、自分の人生がどう変わっていくか。

また楽しみです。

 

それでは、また。